いいお墓を建てたい、理想のお墓とは

理想のお墓とは

納得するお墓を建てるために

家族が亡くなってお墓を建てることになった時、どんなお墓なら「建てて良かった」と思えるでしょうか。

お墓を買うということはおそらく一生に何回もないことですし、高額な買い物となるので、まずはいろいろ調べることから始めると思います。

でも、調べるときに「どんなお墓なら自分も、そして子供たちにも納得してもらえるか」よく家族で話し合うことをお勧めします。最近は埋葬の形が多様化してきており、選択に迷う方も多いと思います。

いちばん考えるのが残された家族のことでしょう。
お墓は承継者によって引き継がれていくものですから、自分の後に守ってくれる家族が必要ですね。

多様化するお墓、将来を見据えて決める

最近よく聞くのは「子どもに負担をかけたくない」という声です。

「永代供養墓」「樹木葬」など選択肢は増えています。確かに管理料を払い続ける負担はないのですが、家族でぜひ話し合ってみてください。そしてお墓に対する気持ちをもう一度よく考えてみてほしいと思います。

お墓は残された家族や親戚、友だちにとって、心のよりどころになる場所です。
元気がない時、壁にぶつかった時、悩んでいる時にお墓参りをすると心が落ち着くと思いませんか?
静かに手を合わせて亡くなった人に想いを馳せる、そんな時間が心の平静を取り戻してくれるように思います。

子供達が遠くに住んでおり、なかなかお墓参りに行くことができない、など将来のことを考えると悩むところです。親御さんが亡くなってお墓を建てる方、配偶者が亡くなってお墓を建てる方、いろんな状況がありますが、時間をかけても家族が納得出来る話し合いを重ねましょう。

「合葬」を選択する際の注意点

承継が難しい、という方は「永代供養墓」「合葬墓」あるいは「樹木葬」を考えると思います。

ここで気をつけたいのは、「合葬」してしまうと故人の遺骨だけを取り出すことができなくなるので、後になって「改葬」(埋葬されている遺骨を別のお墓に埋葬し直すこと)することができなくなります。

ただ「永代供養墓」でもいろいろな形があり、

・最初から合葬

・最初は個別の骨壷で安置し、一定期間後に合葬

・永代的に個別の骨壷で安置

とあります。それぞれの霊園やお墓によって一定期間の時期も違うのでよく確認することが大切です。

もし、将来「改葬」の可能性があるのなら個別に埋葬する選択をしておくと安心です。

お墓は残された家族や友達をつなぐ

お盆や法要の際に家族・親戚が集まり、思い出を語りながら、あるいはそれぞれの近況を報告しながらみんなでお墓参りに行く、そんな時間も大切にしたいものです。

お墓はただ故人を偲ぶだけではなく、亡くなった人が、残された家族、親戚、友だちを結びつけるものでもあるのではないかと思います。

誰もが迎える「死」ですから、その先にあるお墓のことは納得して決めたいですね。